BlueGriffon(ブルーグリフォン)で用いるHTMLのリストとテーブルの構造について

    今回は、HTML文書の構造であるリストと
    テーブル(表)について解説したいと思います。

    HTMLの基礎「文書の構造」

    リストは箇条書きなどの構造を指定します。

    ここでは、「UL」「OL」「DL」という3種類のリストについて解説します。

    リスト「UL」

    「UL」はアンオーダード・リスト、つまり順序がつけられないリストを定義します。

    リスト「OL」

    「OL」はオーダー度・リスト、つまり順序がつけられたリストを定義します。

    リスト「DL」

    「DL」はディフィニション・リスト、つまり定義のためのリストを指定します。

     

    尚、「UL」と「OL」に関しては。各リスト項目は<li>タグで指定します。

    「DL」の場合は、定義項目のタイトルを<dt>タグ、つまり「Defineition Term」で定義します。

    例えば、このようなリストを作成するとします。

    bgri1

    この場合のHTML文書は、このような構造になります。

    bgri23

    テーブル(表)

    テーブルの構造を指定します。テーブルの基本構造は以下のとおりです。

    [table id=23 /]

    この表を、表を定義する<TABLE>タグ、表中の見出しを定義する<TH>タグ、
    表の各行を定義する<TR>タグ、表の各データを定義する<TD>タグを用いて
    定義すると次のような構造になります。

    2014-01-30_184124

    これをブラウザで確認するとこのような表示です。

    2014-01-30_184300


      ■当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

      zenback:この記事はお役にたちましたか?

      zenback画像

      コメントを残す