BlueGriffon(ブルーグリフォン)に付加的な機能を追加する「アドオン」について

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)には、付加的な機能を
    追加する機能「アドオン」があります。

    有料のアドオンも多数ありますが、無料のものもありますので、
    必要に応じてインストールしておくと便利です。

    今回は、無料のアドオン「FireFTP」を例にインストール方法を解説していきます。

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)にアドオンをインストールする方法

    アドオンをインストールするには、こちらにアクセスします。

     http://www.bluegriffon.com/

    アドオン「FireFTP」のダウンロード

    bga1

    このサイトの下の方に、「FireFTP」がありますので選択します。

    bga2

    次のページで「EREE DOWNROAD」をクリックします。

    bga3

    「fireftp-2.0.14-bluegriffon」というファイルをダウンロードします。

    ダウンロードができたら、BlueGriffon(ブルーグリフォン)を開き
    メニュー⇒「ツール」⇒「アドオン」を選択します。

    bga5

    「FireFTP」のインストール

    「アドオンマネージャ」のダイアログが開きますので、「アドオンツール」を選択し
    「ファイルからアドオンをインストール」を選択します。

    bga6

    先ほどダウンロードした「アドオン・ファイル」を選択し、読み込みます。
    内容を確認してインストールを開始します。

    bga7

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)の再起動

    インストールには、BlueGriffon(ブルーグリフォン)を再起動する必要があります。

    bga8

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)が再起動したら、メニュー⇒「ツール」を選択すると
    「FireFTP」が追加されています。

    bga9

    アドオンを起動してみましょう。

    2014-01-26_121846

    上手く起動すればアドオンのインストールは完了です。


      ■当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

      zenback:この記事はお役にたちましたか?

      zenback画像

      One Response to “BlueGriffon(ブルーグリフォン)に付加的な機能を追加する「アドオン」について”

      1. bluegriffonの解説ページが少なく、助かります。CSS Stylesheet Editorなどを購入しましたが使いこなせず、PHPも保存すると勝手に文が入り込み、結局別のソフトで開き手打ちでやっている現状です。
        より内容が充実していくことを期待しております。
        よろしくお願いします。

      コメントを残す