ワープロ感覚でホームページが作れる無料ソフトBlueGriffon(ブルーグリフォン)

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)は、
    オープンソースのホームページ作成ソフトです。

    特徴としては、専門的な知識をあまり必要とせずに、
    本格的なホームページを作成することが出来るところです。

    BlueGriffon(ブルーグリフォン)の特徴

    それでは、BlueGriffon(ブルーグリフォン)の主な特徴を説明します。

    BlueGriffon

    HTML5に対応

    ホームページはHTMLで構成されていますが、BlueGriffon(ブルーグリフォン)は、
    次世代のHTMLの仕様である「HTML5」まで対応しています。

    [table id=1 /]

     

    CSS3

    CSS(カスケーディング・スタイル・シート)はHTMLやXMLで
    書かれた文書に対して、書式設定や装飾を行うための仕組みです。

    BlueGriffonは、「CSS3」まで対応しています。

    [table id=2 /]

     

    SVG

    SVGは、「スケーラブル・ベクター・グラフィックス」の略称で、
    XMLで記述された画像形式のことを指します。

    BlueGriffonには、シンプルなSVG画像編集機能である「SVG-edit」が付いています。

     

    MathML

    MathMLは、「マスマティカル・マークアップ・ランゲージ」の略称で、
    数式をあらわすためのマークアップ言語です。

    BlueGriffonの機能の一つである「Insert or update a MathML formula」
    (MathML数式の挿入、または編集)を使うには、有料のアドオンが必要です。

     

    アドオン

    アドオンとは、機能を追加するためのの仕組みのことを指します。

    BlueGriffonの場合は、アドオンの一部に有料配布のものがあります。

    HTML5 / CSS3に対応したプレビュー可能なテキストエディタ

    ホームページを作成するには色々な方法がありますが、BlueGriffonは、
    ワープロソフトでの編集のように、ほぼ見た目どおりの型式で作って
    編集できるソフト「WYSIWYG」(ウィジウィグ)型式で作成と編集が可能です。

    t1

    t2

    「Firefox」や「IE」などのブラウザは、ホームページの元となるHTMLの情報や
    画像などからホームページとして見えるような形に構成して表示する働きをします。

    BlueGriffonは、この仕組み(内部構造)として、Firefoxと同様の
    「Gecko」(ゲッコー)を採用しています。

    BlueGriffonの前身とも言える、Nvu / KompoZerよりも
    シンプルなインターフェイスで直感的な操作も可能なので、
    HTMLが苦手な方にもオススメです。


      ■当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

      zenback:この記事はお役にたちましたか?

      zenback画像

      コメントを残す