BlueGriffon(ブルーグリフォン)で文書の新規作成をしてみよう

この記事は約 2 分で読むことができます。

今回は、BlueGriffon(ブルーグリフォン)の「新規作成ウィザード」で
文書を作成する手順を解説していきます。

文書の新規作成

それでは、実際に「新規作成ウィザード」で文書を作成してみましょう。

bgbun1

言語と文書タイプの指定

作成する文書の種類として、「言語」と「文書のタイプ」を指定します。
通常は、各々「XHTML1」と「Transitional」を選択します。

bgbun2

文書のタイトル、著者、言語の指定

次に、文書(ページ)のタイトル、著者、言語を指定していきます。
その他の項目は、必要に応じて指定していけばOKです。

bgbun4

色と背景を指定

bgbun5

「色を指定する」にチェックを入れると、以下のように指定できます。

背景 背景色を指定
文字 通常の文字列の色を指定
リンク リンクが設定されている文字列の色を指定
アクティブなリンク アクティブなリンクつまり、リンク部分をクリックした時の文字列の色を指定
表示済みのリンク リンクを一度クリックして訪問済みとなったページのリンクの文字列の色を指定

「色を指定する」にチェックを入れて、丸印をクリックすると
色が指定できるダイアログが開きます。

bgbun6

ここでお好みの色を選択していきましょう。

文書の背景画像を指定

色の選択が出来て「次へ」ボタンをクリックすると、
文書の背景を指定できます。

bgbun7

「タイトル」は画像の繰り返しと方向を指定できます。

None 繰り返し表示しない
Horizontally 水平方向に繰り返して表示
Vertically 垂直方向に繰り返して表示
Both 全画面に繰り返して表示

「スクロール」はスクロールした時の画像位置を指定できます。

ページと共にスクロールする 前景の表示と共に背景も移動する
スクロールしない 前景の表示がスクロールする場合でも、背景画像は移動しない

ページレイアウトの指定

背景を指定したら、次はページレイアウトを指定します。

bgbun8

「CSSレイアウトをパターンから選択する」にチェックを入れると、
ページのレイアウトが指定できます。

チェックを入れないと、レイアウトの指定のない雛形が作成されます。

bgbun8

「幅」はウィンドウの最小幅を指定できます。

bgbunn9

「サイドバー」はサイドバーの有無を指定できます。

bgbun12

「サンプル分を含める」は生成するページ内にサンプル分を
含めるかどうかを選択できます。

「追加」ボタンをクリックすると、レイアウトのパターンを選択できます。

bgbun13

ここでは、ウィンドウの幅を950px、サイドバーを左160px、
追加を「2列、50%/50%」を選択してみます。

そうすると、雛形が出来上がります。

bgbun14

この画面で、文字や画像を挿入してお好みで編集することができます。


Facebook 「いいね」よろしくお願いします

zenback:この記事はお役にたちましたか?

zenback画像

コメントを残す